今を生きる会 関西

ブログにお越し頂きありがとうございます。私たち自身、慢性痛患者(線維筋痛症)です。慢性痛に限らず、慢性疾患患者さんやご家族が社会と繋がり、生きる喜びに繋がるような取り組みを目指します。地域住民の皆様にご理解頂けるような活動、お気軽にご参加頂けるような活動をして参りたい所存です。 これまで京都府、大阪府、岡山県等でのヘルプマーク、カードの導入、普及、全国的波及に向けての働きかけをさせて頂きました。関係省庁や地方自治体などともお話をさせて頂いております。今後は民としての力を発揮できるように頑張ります。

大阪府のヘルプマーク導入決定まで

大阪府のヘルプマーク導入までの流れにつきましては、関わって頂いた府議会議員さん初め、大阪府の各部、課の職員さんには大変ご尽力頂きました。

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/161215/20161215032.html
(リンク先の大阪日日新聞さんの記事もお読み頂ければ幸いです。)

計三回の議会での質疑、また当会も福祉部や医療部の方々と昨年八月に意見交換などをさせて頂いておりました。

f:id:kintaro24:20170220222548j:plain

府での導入は難しいかも知れないと言うのが、一番最初に持った印象でしたが、関わって頂いた府議会議員さん並びに熱心な職員の方々のお陰さまで、今年度の啓発事業から始まり、今年度の12月の大阪府議会での質疑で来年度の導入と決まりました。

私は傍聴に行っていましたが、本当に嬉しかったです。
f:id:kintaro24:20170220222947j:plain


今度はヘルプマークが活かされるよう、私たちも努力していかないといけないなと思います!
f:id:kintaro24:20170221011954j:plain