読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を生きる会 関西

ブログにお越し頂きありがとうございます。私たち自身、慢性痛患者(線維筋痛症)です。慢性痛に限らず、慢性疾患患者さんやご家族が社会と繋がり、生きる喜びに繋がるような取り組みを目指します。地域住民の皆様にご理解頂けるような活動、お気軽にご参加頂けるような活動をして参りたい所存です。 これまで京都府、大阪府、岡山県等でのヘルプマーク、カードの導入、普及、全国的波及に向けての働きかけをさせて頂きました。関係省庁や地方自治体などともお話をさせて頂いております。今後は民としての力を発揮できるように頑張ります。

第6回「まちの養生場」~生活習慣と身体~あなたの身体は大丈夫?

第6回「まちの養生場」~生活習慣と身体~あなたの身体は大丈夫?

講師 伊藤和憲先生(明治国際医療大学)

f:id:kintaro24:20170313042811j:plain

今シーズンとしましては最後の養生場となりました。ご参加頂いた皆様、また様々な形でご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。

ご参加頂いた方々から、ご意見、ご提案、思っている事を聞かせて頂いて、とても勉強になりました。ありがとうございます。

これは次年度に繋げて行きたいと思います。やはり、皆で作り上げているんだなと改めて感じた次第です。

また、「養生」は病気をこれ以上、悪化させない、良い状態を維持する、病気を予防すると言う東洋医学的用語です。(僕はただの素人の患者)

患者はもとより、予防していくと言う意味はその人にとっても、また年間の社会保障費負担が1兆円超えの状況下で、更に高齢化社会と今後とても大切になって来るかと思われます。

しかし、僕もそうだったのですが、人間って病気になり、初めて健康の有り難みが分かるもので、健康な時に予防!予防!と言っても、僕は多分、ふ〰んと言う感じだったと思います。

まずはポイントをおさえて、草の根的にも知ってもらうこと、そして、ゴールの為の道筋をしっかり作っていかないといけないと深く考えた一日でもありました。

長くなりましたが( ̄▽ ̄;)

さて、今日のポイントです!

原因不明の慢性痛は脳が記憶してしまっている。
つまり、認知してしまっている状態であり、これにより、痛みのみならず、不眠や過度のストレス、不安、抑鬱状態、胃腸障害等々になってしまわれている方もたくさんおられると思います。

痛みは脳からとか、認知行動療法は最近よく聞く言葉ですね。

●食事
食事は非常に大切で睡眠に必要な物質、或いは不足すると不安、イライラ、ストレス、集中力低下、抑鬱状態などの起因になるような物質なども含まれているものもあり、それらをバランスよく摂ることがとても大切。また、牛乳、チーズなどに含まれるカルシウムは吸収されにくく、海藻の方がより吸収しやすい。

食材を見ますと、主菜、副菜。。。うむ、やはり和食。

また、体重計には一日に数回乗るのがよいそうです。これが認知して行動に繋がるからです。

#認知して行動

日記をつけることもよく、この日は痛みがマシだったなとか何故だったかなど、気づきにもなり、行動パターンをかえることにも繋がります。

例えば、あまり出歩けないけれども、たまに図書館に行き、受け付けの方とお話すると言うこともとても大事な事で行動パターンを変えてみるの1つです。

●体操
脳は痛みを記憶していたり、嫌なことを記憶しているのと同時に、良いことや気持ちよいことも記憶しています。意識せずして。(悪い例を出すとパチンコ依存など)

さて、身体を伸ばしてみました。

f:id:kintaro24:20170313042528j:plain

身体を伸ばす(画像参照)と脳が休むんだなと認知する訳ですね。だから、寝る前にストレッチすることは良いことだったりする訳ですね。本来は身体を伸ばすストレッチ=脳が休むんだなと認知するので、運動する前は身体を伸ばすよりも、ラジオ体操のような事をする方が脳としてはこれから運動するぞ!よっしゃ、走るぞ!と認知するのでよいそうです。

逆に寝る前にラジオ体操をしたら、運動するぞ!となるので、当たり前ですが寝にくいです。

小学生の挨拶運動などもこう言った観点からも大切だと言うお話です。

●マッサージ

今回のマッサージは画像にありますように顔。
様々なポイントが書かれてありますが、基本的にはポイントはあまり考えなくてよいようで、美顔ローラーや化粧品の大きな筆で顔を気持ちよい感じにマッサージするのがよいそうです。
ゴルフボールは刺激が強すぎます。
f:id:kintaro24:20170313042215j:plain

●爪もみ
爪の付け根の辺りを揉む。画像参照。
気持ちよい程度。

f:id:kintaro24:20170313042003j:plain

これらの行動パターンを作り、例えばお風呂に入る➡マッサージやストレッチをする➡電気を消す(スマホは見ない)➡寝ると言うことを脳に覚えさせる。意識してなくても、脳は痛みを記憶しているように、行動パターンも記憶しているので、この段取りで来たら、休むor寝ると認知していくそうです。ここでいきなり、電気つけたり、スマホをいじるとおい!起きるのかよ!となるそうです。ちょうどパソコンの起動みたいですね。

不眠になると寝床=寝れない場所と認知してしまう感じ。

●深呼吸

仰向けでひざを立てて、手はお腹にのせて、息を長く吸い、吐くときは短くを10回くらい繰り返す。

f:id:kintaro24:20170313043530j:plain